FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




天井が茶色い部屋でバウンス撮影したいとき、どうしても写真が黄色っぽくなってしまいます。
天井以外の白いところ(たとえば壁とか)にバウンスさせて撮ったりしますが、天井バウンスと比較すると自然な光になりにくいのです。

そんなときには、ホワイトバランスをいじることで、対処できるということに、今頃気づきました (;^ω^)
ホワイトバランスのプリセット(カメラメーカーによっては、ワンタッチ、ワンプッシュ、カスタムなどと呼ばれているモード)を使うと、非常に具合がよいです。

ホワイトバランスのプリセット設定の方法は、白い紙を用意して、プリセットホワイトバランスの設定モードにして、紙を撮影するだけです。おためしあれ。


スポンサーサイト

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真





うさぎの撮影をデジイチでしているのですが、もっとも苦労するのが、常に動くうさぎにピントをあわせること。

動体撮影ピント合わせ

上記URLでは、置きピンとピン送りが紹介されていますが、現在私がよく使うのはAFでピン送り。

AFは、コンティニュアスAFにして、シャッター半押しにしてうさぎにピントを合わせ続け、ここぞというときにシャッターを押します。

何かが起こりそうな瞬間より一瞬早くシャッターを押すのがポイントです。

撮影していて難しいのが、自分に向かってうさぎが走ってくるときの撮影。
前後のピントずれは対応が難しいのです。

今度MFで置きピンをためしてみようと思います。


ちなみにレンズはキットレンズしかもちあわせてないので、室内では絞り開放でもなかなかシャッター速度をかせぐことができず、外部ストロボをバウンスさせて撮ってます。

明るい広角系の単焦点レンズがほしいですね。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 Travel Photo Gallery, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。